建具17本をポリエステルサフェーサーで下塗り

建具下塗り中

室内建具17本を「ウレタン鏡面仕上げ」でご依頼いただきました。

「ウレタン鏡面仕上げ」の場合、ほとんどの業者さんは下塗りもウレタンで行いますが、ピアックスではF⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎の指定がない場合は、ポリエステルサフェーサーを使う事があります。

今回は建具17本という事で、吹付けはカップではなくポリユニットを使います。このポリユニット、なんと45年物なんです!!ピアノの塗装をやっていた当時のものです。部品を交換しながら現役で活躍中です。外観こそ年季が入っていますが、内側はこの通りピカピカです。

45年物のポリユニット
ポリエステルサフェーサー吹付けの様子
間口8000mmのウォーターブース

ウォーターブースの間口は8000mmあるので長さ2400mmの建具も余裕で4ヶ所に配置でき、取り回しも楽々。塗料ミストを水によって効果的に補集するため、他の製品にミストが付着することなく一気に17本を吹きあげることができます。

塗料ミストを効果的に捕集するウォーターブース

ポリエステルサフェーサーを使う事で、ウレタン鏡面仕上げの悩みである「目痩せ」をほぼ解消する事ができます。
ポリエステル塗装の設備がないとできない組み合わせですし、ウレタンよりも手間がかかりますが、クライアント様も納得の仕上がりです!

関連記事

  1. R形状特注台ウレタンエナメル鏡面仕上げ(ワインレッド)

  2. 銘木天板 グラデーション鏡面仕上げ

  3. 研ぎ技術が生み出す最高品質の鏡面仕上げ

  4. 什器塗装 ウレタンエナメル鏡面仕上げ(白)

  5. 建具塗装のちょっとした工夫

  6. 建具ウレタン鏡面仕上げ(ローズウッド)