歴史・沿革

ピアックスの誕生秘話や歴史をお伝えします。

ピアックスの歴史

会社の生い立ち

ピアノの指導者の方や、音大生などの上級者からの評価も高いピアノ、DIAPASON(ディアパソン)。そのピアノを作ったのが現在のヤマハの基礎を作ったと言われている日本のピアノ作りの名工として誉れ高い人物「大橋幡岩(おおはし はたいわ)」[1896~1980]です。その人に惚れ込んで、一緒にディアパソンピアノブランドを確立したのが、当時資産家であった浜松楽器工業株式会社 設立者「馬渕真蔵」です。

その昔、DIAPASON(ディアパソン)は、浜松楽器工業株式会社が製造販売していました。大橋幡岩がピアノの原理原則を理解し尽くした観点から『理想のピアノ』を追い求め、ヨーロッパの一流楽器製作会社の方針と同じように、量産体制をとらない、『理想のピアノ』を作り上げました。しかし、時代が合わず経営が苦しくなりました。 そんな中、突然不慮の死が「馬渕真蔵」を襲いました。当時浜松楽器に役員として務めいた、馬渕の弟である弊社先代社長の小原七郎(旧姓:馬渕)は、経営を引き継ごうとしました。しかし、浜松楽器工業株式会社の従業員規模を引き継ぐだけの資産がなく断念せざるを得ませんでした。
創業者 小原七郎

創業者 小原七郎

一方「ディアパソン」は、1986年某大手楽器メーカーが、営業権の譲渡を受け、株式会社ディアパソンを設立し、現在も生産され続けています。会社が吸収される際、ディアパソンのピアノ鏡面仕上げをしていた技術者長谷川さんと一緒に立ち上げたのが株式会社ピアックスの前身である「長原美工(長谷川+小原)」です。

大手ピアノメーカー下請け時代

先代の社長から仕事を引き継ぎ、ピアノの塗装下請けをしていたときには、従業員は社長含め18名いました。当時は従業員の人数分のピアノ鏡面仕上げができれば生産性が高いと言われていたそうです。製造工程、機械の応用等を工夫して、日産20台セット塗装できていました。会長談なので裏付けはないですが浜松のピアノ産業業界では、一番仕事が早いと言われたそうです。

沿革

1963年3月(昭和38年)会社成立。

創業後テレビの箱・オルガンの塗装を経て、約30年某大手ピアノメーカー・中小ピアノメーカーなどの下請けとしてピアノ産業に携わっていた。

2005
ピアノ産業から完全撤退。高級ピアノに塗装される鏡面仕上げの技術を活かし、特注家具やインテリア・パネル、システムキッチンの塗装を手がける。
2008
「写真絵画いれ込み塗装仕上げのピアノ板」にする技術にて、実用新案を考案。
2012
静岡県より、「ピアノ鏡面仕上げ技術を活用した高級インテリア商品の開発・販売」にて経営革新計画の承認を得る。
2013
いわしん・がんばる起業応援ネットワーク(静岡産業大学、静岡理工科大学、静岡文化芸術大学、袋井商工会議所、磐田商工会議所および磐田信用金庫)が主催するビジネスコンテスト、平成25年「第12回 ビジネスコンテスト」最優秀賞受賞
2013
浜松市より、地域の優れた技術の維持継承と、次世代産業を担う人材の育成を目的として、代表取締役小原敏夫が「浜松ものづくりマイスター」に認定される。
2016
3月30日 代表者変更 「小原敏夫  代表取締役会長に就任」 「小原林太郎 代表取締役社長に就任」
7月 9日 当社初となる小売店での販売自社商品”木製花器「きゅうと」”発売開始。
7月22日 静岡県より、「新たな鏡面仕上げ技術を活用した雑貨の開発・販売」(商経第185号)にて経営革新計画(平成28年2月~平成33年1月)の承認を得る。
9月 6日 TRINUS×日経テクノロジーオンライン「第1回 ユニーク素材・加工技術コンテスト」優秀賞受賞

2017

3月3日 静岡県より、「デザイン性の高い多種多様な形状に対応する新たな治具の開発と事業化」(商経第333号)にて経営革新計画(平成28年2月~平成33年1月)の承認を得る。

8月31日 関東経済産業局より、「経営力向上計画」(2017関経向申第4468号)に係る認定をされる。

2018

11月10日 電源不要の木製スマホスピーカー&スタンド「COAT&ECHO」発売開始。