会議テーブル 大型天板 ポリエステル鏡面仕上げ

会議テーブル

ポリエステル鏡面仕上げの会議テーブルのご依頼をいただきました。2100×1600サイズの天板4枚が間口8000mmのウォーターブースに綺麗に整列しています。ウォーターブースは塗料ミストを水により効果的に補集するので塗料の跳ね返りがなく他製品への塗料付着を防ぐことができます。また、給気フィルター・給気装置が設置されクリーンな外気を室内に取り入れられる仕組みになっているため、製品にホコリが付着するのを最低限に抑えることもできます。スペースにゆとりがあるので取り回しも容易です。

吹付けの様子

 

こちらはレベルサンダーでの研ぎ作業です。レベルサンダーは広範囲の平面を研ぎあげる作業で活躍します。回転しているサンドペーパーの上からエアシリンダーパットで押さえて製品の表面を削っていきます。機械の微調整が欠かせないため使いこなすのには経験が必要ですが、同じ寸法で物量があるものや大型天板などに対しては、圧倒的に作業効率がよく均一に仕上がります。天板の形状によってレベルサンダーとベルトサンダーの使い分けをして研ぎあげていきます。研ぎ残しがないようにするためのマーキング作業は必須です。

研磨の様子ベルトサンダー

 

研ぎあがったら次は、自動バフで磨きます。ピアックスでは今回の大型天板のような大きくて重いものを機械にセッティングする際は、人力だけでなくフォークリフトの力を借りるようにしています。ちょっとした「からくり」によって、より楽に安全に研磨作業が行えます。ピアックスの工場には、このようなちょっとした「からくり」が数多く隠れています。

自動バフ自動バフ作業

 

最後は艶出しの作業です。いろいろな角度から曇りがないかチェックして仕上げて完成です。

仕上げ

 

関連記事

  1. エレベーター内装パネル 仕上げ中です

  2. お盆休み返上で・・・ブランドショップの什器が完成しました

  3. ご希望の色に・・・キャビネット扉 

  4. 「きゅうと」特別仕様のご注文

  5. スタッフ休憩室のテーブルをリニューアル

  6. 高級オルゴール外箱 仕上がり間近です