建具塗装のちょっとした工夫

今回は建具を塗装する時のちょっとした工夫のご紹介です。

建具入荷時には必ず業者さんに聞く事があります。それは、建具の上下の支障がない場所に釘を打っても良いかの確認です。写真のように、ドリルで下穴を開けた後に釘を打っていきます。釘を打つ目的は、①取り回しのための持ち手 ②ベタ置きせずに済むので乾燥を待たずに両面を塗装できる事 ③枕木を挟んで設置すれば省スペースで容易に乾燥できる事 です。

 

クローゼット扉などの幅の狭いものは、上下で釘の数を変えます。片方の釘を1本にすることでクルンと回転できるので、補助がいなくてもひとりで両面を塗装することができるんです。

幅広のものは二人で作業

クローゼット扉はクルンと回転

関連記事

  1. 研ぎ技術が生み出す最高品質の鏡面仕上げ

  2. 会議室テーブル ポリエステル着色鏡面仕上げ

  3. 船内家具・建具塗装のご依頼をいただきました

  4. 室内建具研磨の様子をご紹介します

  5. ご希望の色に・・・キャビネット扉 

  6. 塗りつぶしルーバー